ハートロッジ メンタルクリニック

heartlodge.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 06日

クリニックの内装。だって、ここは・・・。

e0224569_15274171.jpg



せっかくの休日だというのに、今日もセンセイは家でゴロゴロしています。居間のソファに横になったり、部屋で好きな音楽を聴きながらコーヒーを飲んだりと、まぁ、いわゆるマッタリという過ごし方なのでしょうか。
ハートロッジとしては、センセイの気分転換というかリフレッシュのためにセンセイが好きだという鱒釣りにでも出かけてみればいいのになと思うのですが、当のセンセイは、「ここんところ寒いし、それにフライ(鱒釣りに使う毛ばりのことをフライというんだそうです)も巻いていないから、なかなか気分が乗らないんだよね」と、なにやらイイワケがましいことばかり言っています。でもそのうちというか、もう少し暖かくなったら、センセイがいうフィールドというところに、せっせと出かけるのでしょうけれど・・・。まぁ、そんな家で気が抜けたようにゴロゴロしているセンセイはさておき、こういう休日の過ごし方だってある意味悪くはないなぁなどと思ったハートロッジでした。


さて、今回はクリニックの内装のお話です。
ショート・エッセイといいながら、ちょっと長いお話になるかもしれませんのでアシカラズ・・・。

センセイによると、いざクリニックを開くにあたって、センセイとオクサンには最初から大まかなクリニックのイメージが出来上がっていたそうです。もちろんこのときは、まだハートロッジというワタシの名前も生まれる前の話ですが。けれども、これまでクリニックの設計などをしたことがないセンセイは、お世話になっているスギモトサンに相談して、オカダサンという設計士のヒトを紹介してもらったそうです。センセイによるとオカダサンはどこかホンワカとした雰囲気の持ち主で、いつも黒っぽい服を着ていて、なんだかそこが気に入ったんだよねといっていました。そういえば、センセイもよく黒っぽい服を着ていますからね。

そんなオカダサンはサッポロに住まれている若手の建築家さんです。すでに市内にあるいくつかのクリニックを設計されたことがあるヒトでした。
でも残念ながら、最初にオカダサンから提案されてきたクリニックの内装のイメージは、センセイとオクサンがイメージしていたものとは、まったくかみ合わないものだったんだそうです。

そこでセンセイとオクサンは、クリニックの内装のイメージを文字にして、それに近いイメージの写真などもついでに添えてオカダサンに手渡しました。なかなか大変そうですが、これはちょっと面白そうですね。

クリニックの内装のイメージ

・ 床は木。いわゆるカントリー調ではなく、昔の学校の床ような不均一で使い込まれた感じ。
・ 壁は白、もしくはアイボリー。ペンキのみでクロスや壁紙はイメージ外。
・ マンション、新築住宅、店舗にありがちなツルピカはイメージ外。
・ モデルルームのような統一感もイメージ外。
・ 机、ソファ(ファブリック)、チェア、小物などがいろいろ、バラバラでもいいような雰囲気。
・ とにかく使い込まれた落ち着く感じ。

などなどと、きっとオカダサンはセンセイとオクサンという強力なタッグを組んだふたりのワガママな注文にさぞかし痛めつけられた(失礼)、いえいえ、困り果てたに違いありませんね(笑)。
でも、おかげでここからセンセイとオクサン、それにオカダサンという3人の共同作業がスタートしたようです。
そういえば、センセイとオクサンはオオサカにある"TRUCK FURNITURE"という小さなハンドメイド家具メーカーの雰囲気が好きなんだといっていました。そんなTRUCKさんは、ご夫婦ふたりで始められた家具メーカーなんだそうです。確かにどこかハートロッジのイメージに近いものがあるかもしれませんね。TRUCKさんの家具はさすがにハンドメイドというだけあって、なかなかそうは簡単に手が出せませんが・・・笑。でも、この手作り感、とっても素敵なんですよ。

センセイによると、なかなかダメとか、イヤとかをキッパリといえないセンセイに代って、いつもオクサンがオカダサンの出すアイデアにダメだしをしてくれたようです。こんな役回りって、誰だっていやに違いありません。きっとオクサンも言い難かったんでしょうね。ハートロッジは本当にそんなオクサンに頭が下がります。でもセンセイのオクサンは本当はとても気遣いのするヒトなんですよ。ときどき、ちょっと気を使いすぎるところをセンセイは心配していましたが・・・。
そんな訳で、オカダサンからはクリニックの既成概念にとらわれない沢山の素敵なアイデアを提案してもらえたそうです。センセイとオクサンもそうですが、きっとオカダサンもこの共同作業を楽しんでいたに違いありません。だって最後の方には、センセイはオカダサンのことを陰では親しみをこめてオカチャンと呼んでいたぐらいからね。ちなみに、ここだけの話ですよ・・・笑。

そうそう、センセイはクリニックの天井をどうするかにも、最後まで悩んだそうです。
ご存知のように、ビルの中は思ったよりも天井が低いので、キュウクツというかアッパクカンを感じるヒトがいるんだそうです。初めてこのビルの中に入ったとき、センセイもそう感じたひとりなんだとか。
そこでいろいろと悩んだ末に、センセイがクリニックの天井を取り払って、天井がむき出しになった内装にすることに決めたそうです。おかげでハートロッジの天井には、白い塗料が吹き付けられた配管がまるで生き物のように沢山顔を出していますが、天井が高くなった分だけ、キュウクツというかアッパクカンを感じることはなくなりました。
そういえばこれまでに沢山の方がハートロッジに来られましたが、クリニックのむき出しの天井のことについて話題にしたヒトはひとりもいないんだよとセンセイがいっていました。もしかしたら、意外にすんなりとクリニックの雰囲気にとけ込んでいるのかもしれませんね。
でも、そういえば例外がひとりだけおられたような・・・。
そうそう、ほとんど完成したハートロッジの内装を確認するために保健所から来られた方だけは、どうやら様子がちがったようです。
「天井が、ナ・イ・ン・デ・ス・ヨ・ネ。・・・・・・。」
きっと保健所から来られた方は、さぞかしビックリされたにちがいありません。
だって、クリニックの天井がむき出しだなんて、普通のいわゆるジョウシキでは考えつきませんものね。

「カフェみたいですね」とか、「鏡があれば美容室みたいですね」などと、いろいろハートロッジの内装の雰囲気のことを形容してもらえるそうですが、センセイはそのなかでも、ソファに腰かけたヒトが周りをゆっくりと見渡して、ポツリと「なんか落ち着きますね」とさりげなくいってもらえるのが一番嬉しいんだよと照れくさそうに教えてくれました。
確かにそうですよね。だって、ここはメンタルクリニックですから。


e0224569_19583969.jpg

[PR]

# by heartlodge | 2011-02-06 20:08
2011年 02月 05日

村上ラヂオ風に

e0224569_16283967.jpg



今日のサッポロは2月らしい冬の青空が空いっぱいに広がっていました。でも、ちょっと風が強かったですね。


さてさて、話は変わりますが、
ここを始める際にハートロッジがどんな文章を書こうかとアタマを悩ましていると、センセイが通りすがりに、確かそもそもことのはじまりは、センセイがワタシに「どう?やってみない?」とニヤッとしながら言い出したことがキッカケだったはずなのですが、まるで他人事のようにボソリと「それじゃあ、いっそのこと村上ラヂオ風にでも書いてみたら・・・」と耳元でつぶやいていったのでした。

「村上ラヂオ風に・・・」。そういわれても、ハートロッジにはさっぱりイメージがわきません。

センセイによると、「村上ラヂオ」というのは小説家の村上春樹さんが書かれたエッセイ集なんだそうです。
いい暇つぶしにはなるし、なかなか面白いんだよとも言っていましたが、どこが面白いのかはいっこうに教えてくれませんでした。ハートロッジはそこが一番聞きたかったのですが・・・。

でも、よくいますよね。良いよ、良いよ、と勧めておきながら、こちらには何が良いのかさっぱりわからないヒトって。
でも、そのヒトが良いよ、良いよと勧めている時の顔の表情や話しぶりで、なんとなく自然とこちらも、それがジワジワと良いように思えてしまうことがあるからヒトって不思議なものです。

普段はクリニックで仕事をしていて、休日前になるとなぜかソワソワしだし、どういうわけだか季節を問わず休日にはせっせと鱒釣りにでかけてしまうセンセイですが、そんないろんな意味で忙しそうなセンセイに、いつ本を読む時間があるんだろうかと、ハートロッジは本当に不思議に思ってしまいます。でも、きっとあるんでしょうね。

そんなセンセイですが、村上春樹さんの作品はいくつか読んだことがあるんだよといっていました。でも、読んだ作品のストーリーは、かなりその輪郭がぼやけ始めているような気がしましたが・・・。
そういえばセンセイは、村上春樹さんの作品の中にときどき出てくる「ウンザリする」という表現の使い方が面白いんだよねとも教えてくれました。
「ウンザリする」という表現の使い方が面白いというヒトも、なかなかいないんじゃないかとハートロッジには思えてしまうのですが・・・。

ハートロッジが書く文章と村上春樹さんが書かれるエッセイとでは雲泥の差、月とスッポンほどの違いがありますが、ここを読んでくださる方々にはどうかこれからも「ウンザリ」されない程度にクリニックでの日々のことを紹介できればと。
おあとがよろしいようで・・・。

それでは、また。
[PR]

# by heartlodge | 2011-02-05 18:19
2011年 02月 03日

トウキョーの匂いとクリニックの日だまり

e0224569_21222350.jpg



サッポロの街には昨日からポカポカ陽気とまでは言えませんが、ほんの少し春めいた暖かさが戻って、どうやら日中はプラス気温になったようでね。
来週からは雪祭りが始まるようですが、雪像作りに参加されている皆さんが一生懸命作っている雪像は大丈夫なのでしょうか。
この暖かさでジワジワと融けだして、雪像ではなく、なんだかさっぱり分からない融雪像になるんじゃないかと、ちょっと余計な心配をしてしまうハートロッジです。
一度も雪祭りに行ったことがないハートロッジがそんな心配するのも、なんだかちょっとヘンな話なのですが・・・。


そういえば、センセイは今日の昼休みに、久しぶりに会うスギモトサン、それにアイチャンとランチを食べにいったそうです。
残念ながらハートロッジにはお誘いの声を掛けてもらえませんでしたが・・・。
センセイによると、スギモトサンはクリニックの開院前からずいぶんとお世話になったヒトの一人なんだそうです。仕事のときにはいつもスーツを着ていて、髪の毛はショートヘア、ちょっと見はコワモテだけれど、なかなかいいヒトなんだよとも言っていました。それに仕事が終わると、ベレー帽を被って服装がまったく別人のようになって現れるんだとも言っていました。ヒトって分からないものですね。

そんなスギモトサンたちといっしょに、少し春めいた午後の日差しの下、センセイは久しぶりにアスファルトが顔を出した電車通りの交差点を渡ったそうですが、なぜだかふとトウキョーの匂いがしたそうです。センセイは確か一度もトウキョーには住んだことがないはずなんですが・・・。不思議ですね。

スギモトサンたちと何を食べに行ったのかワタシにはニヤニヤしながらいっこうに教えてくれませんでしたが、センセイはランチから戻ると、朝に淹れたコーヒーの残りを電子レンジで温めなおし、待合室のソファに腰かけて気が抜けたようにボーっとまどろんでいました。待合室の大きな窓からは、レースのカーテン越しに丸みを帯びた日だまりのような明るい日差しが差し込みます。もしもクリニックに猫がいたらなら、きっと一番のお気に入りの特等席になるのでしょうね。もちろんハートロッジは猫ではないので、あくまでも想像ですが・・・。

しばらくするとセンセイは、ちょっとうたた寝しちゃったよと照れくさそうに頭をかいていました。
きっとセンセイは一番暖かい縁側の特等席を見つけた猫のような気分だったのでしょうね。
せっかくのお昼休みですから、そういう時間の過ごし方だって素敵なんじゃないかと思うハートロッジでした。


e0224569_2236761.jpg

[PR]

# by heartlodge | 2011-02-03 22:43
2011年 02月 02日

クリニックの名前

e0224569_23361842.jpg



クリニックの名前を決めるのって実はなかなか難しいんだよねとセンセイが笑いながらこっそり教えてくれました。
9月の中ごろ、今年の1月から慌しくクリニックを始めることになり、それ以来、どうやらセンセイはクリニックの名前を決めるのに、ああでもない、こうでもないと、ヒトに言えないぐらいとても苦労したようです。

センセイは最初、フランス語で「太陽」という意味の「ソレイユ」という言葉をクリニックの名前にしようとしましたが、まわりの強力な反対勢力に押し切られてあえなく断念したんだそうです。
もしもセンセイが断念しなければ、ワタシの名前もハートロッジではなく、ソレイユになっていたかもしれません。フランス語の名前というのもちょっと気になりますが・・・。

センセイの周りには結構冗談の好きというかユニークな発想の持ち主で溢れているようです。特にセンセイのオクサンとオクサンのお兄さんのバンドウサンがその中でも飛び抜けてユニークな発想の持ち主だとか・・・。
ある日センセイが仕事を終えて家に帰ると、オクサンとバンドウサンがニヤニヤしながら待ち構えていて、いいクリニックの名前を思いついたよ。「ユンちゃん宿り木クリニック」というのはどう?といわれたそうです。なかなかクリニックの名前が決まらなくってアタマを悩ませ続けていたセンセイは、もちろん瞬時にムッとした表情になり、「もう誰にも相談しない」と笑いながら言い放ったそうです。
それにしても、ふたりとも発想がユニークすぎますよね。

そんなユニークなバンドウサンですが、センセイの大切な釣り仲間のひとりでありながら、見かけによらず実は有名な現代アートのアーチストでもあったりします。クリニックの入り口の壁に描かれた名前のロゴも、センセイが無理にお願いして、バンドウサンが老眼鏡をかけながらフリーハンドで描いてくれました。さすがはプロのお仕事です。今度クリニックに来られる方は、是非じっくりとご覧になってください。

さてさて肝心の「ハートロッジ」というクリニックの名前の由来ですが、センセイにこっそりと尋ねたところ、まったくの思いつきで語呂合わせが良かったからだとか・・・。センセイも意外といい加減だったりします。
ある日センセイがたまたま釣り雑誌を眺めていたら、ちょうど開いたページの下にあった「〇〇〇フィッシングロッジ」という広告のまさに「ロッジ」という文字が目にとまったそうです。ピーンとひらめいたセンセイは、
「ロッジ」 → 「小屋」、「山小屋」 → 「ひと休みするところ、のんびり、ゆったり、まどろむところ」 と頭の中で繋がり、「ロッジ」が「ハート」と結びついて最終的に「ハートロッジ」になったのだとか・・・。
センセイいわく、どうやらこれがワタシの「ハートロッジ」という名前の由来なのだそうです。でも、もしも「ロッジハート」だったら、なんだか上手くいえませんが、スッキリしませんよね。

それにしても「ハートロッジ メンタルクリニック」、ちょっと名前が長くはありませんかね。
センセイは受付ジムのニイオカサン、カサイサン、それにミナミサンが、かかってきた電話への対応の際にクリニックの名前を言いそこねて、間違って舌でも咬んだりするんじゃないかと最初は心配していたそうですが、でも、経験豊富な受付ジムの皆さんにとって、そんな心配はまったくのご無用だったようです。
それよりもセンセイの方こそ、クリニックにかかってきた電話に、ついクセで「ハイ、ほっとステーションです」と出るのだけはやめて下さいね。ハートロッジが一番心配するのは、何を隠そう、やっぱりセンセイなのでした。

おしまい。
[PR]

# by heartlodge | 2011-02-02 01:34
2011年 02月 01日

はじめまして

e0224569_2234830.jpg



はじめまして。ハートロッジです。
ビルの中というか、クリニックの中に朝から晩までいると、なかなかその実感がわきませんが、雪祭りまであと1週間をきったサッポロの街には今日も沢山の雪が降り積もったようですね。
早起きが苦手なセンセイはなかなか雪かきを手伝えないそうですが、その代わりオクサンはどうやらとても大変そうです。本当に頭が下がります。

さて、話は変わりますが、
どういうわけか偶然にも1月11日という同じ数字が3つ並んだ日にクリニックの記念すべき開院日を迎えて、ワタワタとしながらも、あっという間に3週間が経ってしまいました。本当に早いものです。

まだ慣れないといいながらも、なんだが妙にのんびりと構えているセンセイと、受付ジムのニイオカサン、カサイサン、ミナミサン、それにセンセイのオクサンに代って、わたくしハートロッジがクリニックの日々のことを、これからボチボチとご紹介しようと思います。

いつまで気力、いやいや根気が続くかまったく見当もつきませんが、気長にお付き合いくだされば幸いです。
そんなわけで、今後とも、どうぞヨロシク願いいたします。
[PR]

# by heartlodge | 2011-02-01 23:04