人気ブログランキング |

ハートロッジ メンタルクリニック

heartlodge.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 04日

5月の雨

e0224569_22394279.jpg



5月の雨がシトシトと降っていて、やっと咲き始めた薄いピンク色のサクラの花がそんな雨に濡れていました。
ゴールデンウィークの後半は、残念ながら雨模様のスタートとなってしまいましたね。
なんとなくこんな雨の日、ハートロッジはちょっぴりセンチメンタルな気分になってしまいます。


さて、今日はハートロッジのセンセイが以前に書いた文章の第3弾です。
きっとこれを読んで下さっている皆さんは、もうすでにウンザリされているかもしれませんが、どうかもう少々お付きあいくだされば幸いです。
センセイは以前勤めていたときわ病院では、数年間ほど病院に併設されているデイケアも担当していたそうで、そんな時に文集「春風」から依頼されて書いた文章だそうです。


「デイケアの長い廊下」
                                      医師  尹 徳史

 まるで何かをそっと優しく包み込むような柔らかい午後の光が、デイケアの長い廊下につきあたりにある
窓からそっと差し込んでいて、薄い若草色の廊下の床をほのかに照らしていた。長い廊下のつきあたりを
左に曲がると不意にカサカサと風の音が耳に入ってくる。春のそよ風が緑鮮やかになった木々の葉を
揺らしているのだろう。そっとそよぐ風と共に生命の息吹に満ちた風の匂いを感じた。ふと耳を澄ますと
名も知れぬ野鳥のさえずり、それに風の立てる音色に混じってデイケアの裏を流れる真駒内川の水の
音が聞こえてくる。まるでそっと奏でられるハーモニーのように。そんなデイケアに流れるゆったりとした
時間の流れが好きである。

 昼食前のデイケアの長い廊下、そこにはまるで田舎の繁盛している食堂のような懐かしくて優しい匂いに
包まれていて、今にも愛想のよい女主人が顔を出してきそうである。どこからかメンバーの淹れるコーヒーの
なんともいえない美味しそうな良い香りが漂ってきた。そんな時はなぜかますます幸せな気分を味わえる
のである。

 午後のデイケアの長い廊下が、メンバーの楽しそうな笑い声に混じって、クッキーを焼く香ばしい匂いに
包まれる。もしかしたらこのなんともいえない香ばしい匂いが一番人を優しく、そして穏やかにさせるの
かもしれない。デイケアの長い廊下のつきあたりにある窓から差し込む柔らかい午後の日差しと共に
時間がゆっくりと流れていた。

 ふとデイケアの長い廊下の空気が動いた。きっと女性の看護師さんが外来の方まで小走りに駆け抜けて
行ったからだろう。でも、しばらくするとデイケアの長い廊下には何事もなかったかのようにいつもののんびり
とした時間が流れていた。

 ときわ病院のデイケアは何の変哲もない札幌市郊外の片隅でひっそりと佇むデイケアである。特長なんて
言えるものは何一つないのかもしれない。でも、そこに流れる時間の流れはゆったりとしたものであり、
もしかしたら人々を優しく包み込んでくれるのかもしれない。

 午後のデイケアの長い廊下、今日もそこにはゆったりとした優しい時間が流れている。


                               平成18年6月発行 ときわ病院文集「春風」第19号より


ハートロッジのセンセイが好きだったときわ病院のデイケアの長い廊下は、とっても残念なのですが昨年の病院改築で取り壊しになり、今では新しい場所に移ってしまったそうです。そんな訳でちょっぴりセンチメンタルというかノスタルジックな気分のハートロッジですから、今日はこんなBGMにしてみました。
美しいピアノの旋律に優しくそっと包み込むような女性ボーカル、なかなかいい雰囲気です。




by heartlodge | 2012-05-04 23:20


<< 6月の青空とおコメのとぎ汁のお話      ゴールデンウィーク前半 >>