ハートロッジ メンタルクリニック

heartlodge.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 16日

白衣を着ないセンセイ

e0224569_213855.jpg



今日のサッポロは、2月にしては暖かくて、わりと過ごしやすい1日でしたね。最高気温はおそらくプラスの5℃ぐらいでしょうか。もちろんこのまま暖かい日が続くというわけではありませんが、だれよりも寒がり屋さんのハートロッジにはちょっと嬉しい1日でした。

先週末の連休、センセイは久しぶりに1日だけ大切な釣り仲間とシリベツカワというフィールドに行ってきたんだよと何かをうっとりと思い出すかように教えてくれました。風も穏やかで、とても2月とは思えないようなポカポカ陽気の中、残念ながら冬の鱒さんたちにはまったく見向きもされなかったそうですが、とにかくとても気持ちがよかったんだそうです。おまけに、「ロッド(ちなみに、フライフィッシングでは釣竿のことをロッドというんだそうです)を振っていたらさぁ、すっかり肩こりがよくなっちゃってね・・・」と、数日たってもまだ余韻にひたっているようです。
センセイがいうフィールドって、もしかしたら腕の良い評判のマッサージ屋さんなんでしょうか。もちろん、そんな訳はないですよね。ハイ(笑)。


魚釣りには、やっぱり魚釣りに適した服装のスタイルというものがありますよね。
もしも、魚釣りをするヒトが描かれたイラストをイメージしてくださいといわれたら、きっと皆さんのイメージには何かしら共通したものがあるんじゃないかと思います。例えば、釣竿に帽子、サングラスにポケットのたくさんついたベスト、それに長靴などなど・・・。ねっ、だいたい同じようなものをイメージされていたでしょう?

それじゃあ、お医者さんの服装といったら?
そりゃあ、もちろん、なんといっても白衣ですよね。もしかしたら、白衣の下にはアイロンの効いたシャツにネクタイというイメージもあるかもしれません。
そういえば、注射が何よりもきらいだったハートロッジは、子供の頃病院で白衣を着たお医者さんを見るたびに、あの注射の痛さを思い出して泣いていたんだそうです。きっとさぞかしうるさかったでしょうね。ちょっと恥ずかしいような・・・。もちろん今ではオトナですから、注射の痛さだってグッとガマンしますよ。なんたって、ハートロッジはオトナデスカラネ(笑)。
でもなぜかオトナになっても、白衣を着たお医者さんの前ではついキンチョウしてしまいます。こればかりは、どうしようもありません。
「お医者さんだぁ・・・」とか「先生だぁ・・・」と思うと、ますますキンチョウしてしまって、話す内容はしどろもどろ、すっかりぎこちなくなってしまいます。
まるで、学生の頃職員室に呼ばれておっかない担任の先生を目の前にした時や、仕事でうっかりミスをして厳しい上司に呼ばれた時のような気分とでもいうのでしょうか・・・。もしかしたら、ちょっと大げさなたとえかもしれませんね(笑)。

そんなことを知ってか知らずか、ハートロッジのセンセイは白衣というものをなぜか着ていません。
かれこれ3年近くも白衣を着ないでお仕事をしているんだそうです。
なんとなく、センセイは先生らしくないような・・・。
でもそれまでの病院に勤めていた頃は、やっぱり白衣を着ていたんだとか。
センセイ、たしかあの頃、ジーンズに黒のトレーナーの上に羽織っていたあの長くてヨレヨレの1週間に1度しかクリーニングに出さない白衣はどうしたんですか?

どうやら、きれいに洗たくしてオウチのタンスに大切にしまってあるんだそうです。
もしかしたら、もうあのトレードマークのようなヨレヨレの長い白衣を羽織る機会はないかもしれませんね。


e0224569_23323164.jpg


by heartlodge | 2011-02-16 23:39


<< USED(ユーズド)のお気に入り      ART BRUT(アール・ブリ... >>